Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

12月のふたご座流星群 星景撮影スケジュールプラン 1時間40個もありえる?

12月のふたご座流星群 星景撮影スケジュールプラン 1時間40個もありえる?

国立天文台の予想によると2018年ふたご座流星群は12月14日21時頃に極大を迎え、今年は12月15日が上弦の月で夜半頃に月が沈み、その後好条件で流星を観察するということでした。

ふたご座流星群が極大(2018年12月)

こんなことを書きます!

2018年12月14日の夜半からのふたご座流星群 星景撮影スケジュールプランを書きます。場所は執筆開始時点で未定です。

ふたご座流星群

ふたご座座流星群は毎年12月10日頃から出現しはじめ、14日頃に活動する流星群です。
極大日の前後1,2日は極大日とほぼ同条件で流星がみられます。また毎年1時間あたり20~30個の出現があり、条件が良い時は1時間に50~60個出現することもある、他の流星群よりあたり外れが小さい活動を見せます。

他にも有名な流星群としては1月の「しぶんぎ座流星群」、8月の「ペルセウス座流星群」があり、それらとともに「三大流星群」と呼ばれます。

今年の8月のペルセウス流星群は苦労した割に、天候が今一つだったのでリベンジです!

記事:8 月10日の美ヶ原高原から福島 会津地方への大移動 合計1000kmドライブのペルセウス流星群撮影記

地球が太陽の周りをまわる軌道上に小さな氷の粒があり、毎年その氷の粒がある個所を地球が通過するときに氷たちが地球上から流れ星として観察できます。大量の氷の粒があれば、大量の流れ星となって出現し、それが流星群と呼ばれます。

すでに上記したように夜半過ぎに月が沈むのでその後は月明かりの影響がない好条件が予想されます。

GPV天気予報

GPVを確認すると場所によって曇りや晴れが別れそうです。南関東は軒並みだめで、一方で北関東も山沿いを中心に曇り空が多そうです。富士山周辺、特に富士山の北側や、埼玉や茨城の霞ヶ浦あたりが晴れそうな雰囲気です。

GPV天気予報:http://weather-gpv.info/

山々GPV

富士山周辺に絞ってみてみるとこちらも良好な予報でした。ただし極寒です。陽が落ちたら氷点下で、陽が昇る前の最低気温予想は-7℃くらいです。。。

YamaYamaGPV:https://yama2gpv.azurewebsites.net/

 

富士山周辺の山中湖、河口湖、精進湖、田貫湖あたりを狙いに行くことで決定です!

Canon EOS 5D Mark III (24mm, f/18, 1/250 sec, ISO200)

撮影プラン

撮影に向けて事前にチェックした情報をもとに、どこをどんな風に撮るかプランします。何度も行っている富士山周辺で、仕事後の出発なので知らないところは避けていきます。

月齢カレンダー情報:甲府地方

  • 日没時間:16:33分
  • 月齢:7.8、上弦
  • 月出:11:30(105度) — 12月14日
  • 正中:17:04(42度)
  • 月没:22:42(257度)
  • 日出時間:6:47分

月が沈んでから翌朝の7時前の日の出まで闇夜です。

今回の狙いを決定

  • プラン1: 山中湖のパノラマ台より撮影 —14mm/18mm魚眼メインで固定連続撮影
  • プラン2: 山中湖湖畔より撮影
  • プラン3: 河口湖大石公園より撮影
  • プラン4: 河口湖大石公園より先の北岸より撮影
  • プラン5: 精進湖湖畔より撮影
  • プラン6: 田貫湖湖畔より撮影

基本は14mm/18mm魚眼メインで固定連続撮影で流れ星ゲットを狙う

湖畔での水の映り込みも狙いたい

機材リスト

必要なものを考え、チェックリスト化します。このままプリントアウトしてチェックして備えます。

機材名 備考 チェック
オリンパス OM-D E-M1 Mark2 星景撮影から子供撮りまで
オリンパス OM-D E-M10 星景用サブ機
ソニー α7Ⅲ フルサイズミラーレスメイン
予備バッテリー
充電器
サムヤン 14mm F2.8 IF ED UMC Aspherical MFのみですが超広角
シグマ MC-11 α7ⅢにEFレンズを装着可能に
FE 28mm F2 FEレンズ
SEL057FEC フィッシュアイコンバーター
M.ZUIKO DIGITAL ED 12mm F2.0 星景向き明るい広角単焦点
M.ZUIKO DIGITAL ED 7-14mm F2.8 PRO 超広角はこれ 星景もGood
M.ZUIKO DIGITAL ED 8mm F1.8 Fisheye PRO 初魚眼で楽しい
SDカード これ意外と忘れがち 予備も
エアブロワー 私はぷしゅぷしゅと呼ぶ
レンズペン 手あかに有効
ウエットクリーナー 個包装のやつがよい
リモートケーブル ボディごとに違うので要注意
三脚 アタッチメントも忘れずに
ミニ三脚 ミラーレスを有効に
ソフトフィルター 星景用
モバイルバッテリー 星景ならボディ台数分
Type-C USBケーブル 携帯と接続するために
携帯用充電器 自動車内で移動中充電します
タブレット 暇つぶしよう?
レンズヒーター レンズ1個に1個必要
レジャーシート 機材とか起きやすい
LED 夜間撮影には必須
靴下 星景では寒さ対策で二重履き
ホッカイロ 星景での寒さ対策
タオル いろいろ使う
コンタクトレンズ 予備は必須
メガネ 夜寝るとき+非常時用

 

仕事がスムーズに終わって定時上がりをしてそのまま向かえれば良いのですが。。。

Advertisement

星景カテゴリの最新記事