Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

RAW + JPEGの2種類のファイルをどうやって取りこむ? 使い分けの意味とLightroomでの使い方

RAW + JPEGの2種類のファイルをどうやって取りこむ? 使い分けの意味とLightroomでの使い方

一眼レフ、一眼ミラーレスの2スロットは撮影する機材としては安心感が違うことを書きました。そしてRAWファイルとJPEGファイルの簡単な違いも書きました。

記事:2スロットのカメラをおすすめする理由 スロット振り分け設定をする

記事:RAWファイルってなに? RAWとJPEGの2つを比較 さわり編

結果、私は2つのSDカードそれぞれにRAWファイルとJPEGファイルを保存しています。そのあとのワークフロー(処理方法)を私はどうしているか をご紹介したいと思います。
もちろんこれは自分の環境にあったワークフローで、自分が経験した範囲での意見しか書けないので、私の意見に対する異論・反論・多様な意見を認めます。

こんなことを書きます!

RAWファイルとJPEGファイルの2つの種類をどうやってとりこんでいるかと、なぜRAW+JPEGで保存するのかを説明します。

Lightroomはファイルでの読込

まず大前提として私が使っているソフトがAdobe Lightroomという有料ソフトということです。Creative Cloudフォトプラン(旧 Adobe Creative Cloud フォトグラフィープラン)というもので契約すると、月額980円でLightroomとPhotoshop使えるのですが有料です。

写真を撮ることから仕上げること(現像)までしたいという場合には現像ソフトは必須だと思いますが、撮影を始めたばかりという方には最初はメーカー添付の無料ソフトでも良いかもしれません。私も最初はキヤノンのDPP(Digital Photo Professional)を使っていました。今でもたまに使います。

一方、Lightroomではファイルとの取り込みから、現像まで一連の流れでできるので私は気に入って使っています。(有料ですが・・・)

Lightroomの特徴してRAWファイルの非接触というものがあります。カタログファイルを作り、そこに編集の情報を入れるからです。そのためLightroom上で読み込んだ画像ファイルを削除する際も、ファイル自体を削除するのか、カタログファイルだけ削除してLightroomで編集できないようにするか選べます。

この点はメーカー製のRAW現像ソフトとは大きな違いです。

LightroomでRAW現像する場合、RAWファイルに関連するカタログと呼ばれるものが作成され、編集内容を別保存していくれる(非接触)

Lightroomの設定での注意点

LightroomでRAWファイルとJPEGファイルを同時に表示させるには少し設定変更が必要です。

[編集]ー[環境設定] と進み、 [RAWファイルの隣にあるJPEGファイルを別の写真として処理する] にチェックを入れます。これで撮りこまれたJPEGファイルも処理できるようになります。

LM編集
LM環境設定

 

LightroomでRAWファイルとJPEGファイルを同時に表示させるため、[RAWファイルの隣にあるJPEGファイルを別の写真として処理する]をチェック

Lightroomで取りこむとこうなる

LightroomでSDカードからRAWファイルとJPEGファイルのそれぞれを読み込むと以下のように表示されます。

 

ここで注意したいのはRAWファイルとJPEGファイルで微妙に表示の色味が違うことです。上の2枚の画像も同じショットですが、JPEGファイルの方がやや赤の色に深みがあります。

RAWファイルの方が薄いというか、色味が淡いのが通常です。ここで重要なことをお伝えすると [デジタル信号に色はついてない] ということです。

つまり、誤解を恐れずに言うならば、デジタル信号から生成されるRAWファイル(RAWデータ)も色はついてない ということです。RAWファイルには 色(色彩や輝度)の情報が詰まっているということになります。この辺は長くなるので別の機会に記事にしたいと思います

OS上ではJPEGファイルの表示は容易ですが、RAWの画像表示は専用ソフトが必要とされる所以でもあります。すでに書きましたがWIndows10上ではファイルは下記のように表示されます。

RAW+JPG3
RAW+JPG

 

デジタル信号に色はついていない!

これがLightroom上でRAWファイルが薄く表示される遠因、逆を言えば、JPEGファイルの画像が色味が濃く見える遠因です。

細かいことはここでは書きませんが、RAWファイルとJPEGファイルでは、同じカットでも違う色味になるということです。このこともあり、私はSDカードにRAWファイルとJPEGファイルを両方保存するするようにしています。現場でのイメージに近いのはJPEGファイルだと思っています。しかし一方で、諧調幅が広く仕上げ作業に適しているのはRAWファイルだと思っています。

これまでのことを踏まえてまとめました。

記事:2スロットのカメラをおすすめする理由 スロット振り分け設定をする

記事:RAWファイルってなに? RAWとJPEGの2つを比較 さわり編

 

なぜRAWとJPEGの両方の画像を保存するの?
RAWとJPEGは同じショットでも、微妙に色味が違うようになるため。
RAWはRAW現像で仕上げるときにデータ量が多いので仕上げに適する。
一方でJPEGは現場でのイメージに近く、RAW現像の仕上げの際に参照する(目標とする)ファイルにしやすい。
速報性としてSNSにアップするのもJPEGでないとできないから、その場合もJPEGファイルからSNSに投稿する。
なぜRAWとJPEGを別のSDカードに保存するの?
同じSDカードにRAWとJPEG保存されていた場合、そのSDカードにトラブルがあったり、正しく記録されてなかった場合に、RAWかJPEGどちらかでも画像データを残すため
(1スロットの場合はこれができないので、一つのSDカードにRAW+JPEGの保存をする。)

以上が私なりの回答ですがいかがでしょうか?RAW+JPEGって何? っていう方によりわかってもらえればうれしいです。

 

Advertisement

現像カテゴリの最新記事